チャットがきっかけ。官能小説(仮)

お昼に遊びに来た芳恵さんさんが「近所の吉村さんねえ、離婚したんだって。嫁さんがピアノの先生しててね、嫁さんの方が稼ぎがいいんだって。それで旦那が浮気したもんだからね」とあれやこれやと噂話しをしていきました。
私は旦那が浮気するはずはないと思っていましたが、いざ離婚という事になったときに、収入になる資格を今の内に取っておいた方がいいと思いました。
インターネットであれこれ探してみると、コンピュータ関係の資格はとても難しくて私には取れそうにありませんでした。
しかしパソコンインストラクター検定という資格は、合格すればパソコンインストラクターになれる資格らしくて、私にも取れそうでした。
合格した人の体験談を探してみると、近所にパソコン教室をしている人のホームページがあり、パソコンインストラクター資格を持っていると書いてありました。
プロフィールを調べてみると、高校の先生をしている吉村義則さんという男性でした。
勤めている高校のホームページにもリンクが張ってあって、一応は安心できる人柄のようでした。
電子メールで生徒さんは何人くらい集まるのか聞いてみました。
するとすぐにメールがきて、生徒さんはすぐに集まるし収入もかなりになると返事が返ってきました。
私はそれはちょうどいいと思ってどうやって始めたらいいのか相談のメールを折り返しだしました。
すると義則さんが「メールでのやりとりは大変だからボイスチャットで打ち合わせをしよう」とメールに書いてきました。
私はそれもそうだと思って、旦那の帰りが遅いとき旦那のパソコンでボイスチャットをすることにしました。
電子メールで時間を知らせてボイスチャットで待ち合わせをすると、パソコン教室の始め方などいろいろと親切に教えてくれました。
「よかったら見に来てもいいですよ、」と言われた場所は、私の家からもそれほど遠くない場所でした。
「奥さんいらっしゃるんですか」と私は聞いてみましたが、いま実家に帰っていて一人暮らしだと言います。
私は事情をもっと詳しく聞こうとしましたが、どうも離婚寸前で嫁さんが実家に帰っている様子で、詳しい話しは聞けませんでした。
私はいくら見学とはいえ一人で行くのは危ない気がして、行くのは断りました。
すると義則さんは「最近旦那さんとはあっちのほうはどうですか」と話しをエッチな方に向けてきました。
私はやっぱりと思いましたが適当に返事をして相手にしませんでした。
しかし私がきっぱりとした態度を取らなかったせいか「いまどんな格好してるの、今度はビデオチャットでみてみたいね」と言い出しました。
私はやっぱり危ない人だと思って、適当に話しを切り上げてチャットを終わりました。
近所の奥さんが遊びにきたとき、「あっちのほう最近どうなの」と聞かれて、「全然なのよ」と答えました。
「するといつからなのよ、気を付けたほうがいいわよ、浮気してるかどうか分かるいい方法があるから、やってみなさいよ」と勧められました。
「通販でお色気ネグリジェ買ってね、そんで夜寝るとき、それを着てね、今夜相手してくれなければ離婚だと言って迫るのよ」
「ホントに不倫してれば、いくらお色気ネグリジェでも効き目ないけど、仕事で疲れてるだけだったら、男は単純だからね」と言われてそれもそうだと思いました。
私は旦那のパソコンでインターネットの通販のページを探して、思い切りお色気のあるネグリジェを頼みました。
宅急便でネグリジェが届いた当日、私はさっそく、夕食のあとネグリジェに着替えて旦那がパソコンをしている部屋に行きました。
私は「今夜相手してくれなかったら離婚よ、いいの、わかってるの」と試しに旦那に迫ってみました。
旦那は驚いたような様子で私の顔を見つめました。
私は思いきってネグリジェの前のボタンをひとつづつ外して前を開きました。
ネグリジェとセットのお色気パンティーがよく見えるようにと、私はネグリジェの裾をたくし上げました。
旦那は「この色キチガイのドスケベ女」と吐き捨てるように言うなり、怒って家をでていってしまいました。
夕方になって、電話があり会社の同僚の奥さんでした。
「言うかどうかまよったんだけどね、あんたの旦那浮気してるの、相手は秘書課の女の子でね」
「会社のゴルフ大会あったでしょう、この間の、そのとき二人とも同じ中学だって分かってね」
「ほらほら、よくあるでしょう中学の時ね、二人で同じ高校に行こうとか約束してたんだって」
「それでまた、急に仲良くなっちゃったらしいのよ」
電話機を置くと、私は涙が出て止まらなくなりました。
私はしばらくして泣きやむと、今度は急に怒りがこみ上げてきました。
旦那になんとか仕返しをしてやろう、私も男と遊んでやろうという思いが体中に一杯になりました。
私はパソコンを付けてインターネットにアクセスしました。
義則さんがインターネットにアクセスしているのが分かったので早速メッセージを送ってみました。
すると「最近元気ですか」とすぐに返事が返ってきました。
私は「今日は旦那がいなくて暇なんです」と誘って見ました。
義則さんは「ビデオチャットをしませんか」と誘って来ました。
私は、「いいですよ」、と返事をして、カメラの位置を直しました
自分がネグリジェ姿で画面に映っているのを確かめると私は足が震えてきました。
画面にチャット相手の義則さんが映ると私のネグリジェ姿が目に入ったらしく「今夜はエッチな気分なんだね」とすぐに話しを切り出してきました。
「今夜はエッチなことしたくてたまらないんだろう、このドスケベ女」と言われて私はもう自分の身体が止められなくなりました。
「さあ、胸を自分で揉んでご覧、ゆっくりと指先を動かすんだ」と言われて、私は画面に映るように胸を触りました。
「じゃあ、もう一方の手はあそこを撫でてもらおうか、一番感じる所を触るんだ」と言われてもう一方の手を花芯の上にあてがいました。
私はもうなにがなんだか分からなくなって、自分で指を使い始めました。
「今日は旦那いないんだろう、これからそっちへ行くよ」と義則さんに言われて、私は断れませんでした。
しばらく待っていると車の音がしてドアのチャイムがなりました。
私はネグリジェ姿のままドアを開けました。
義則さんは靴を脱ぐとすぐに私を寝室に案内させました。
私は「早くして」と半分泣き出しそうになりながらお願いすると、ベッドに横になりました。
欲望の儀式が始まる予感が、私の身体を襲いました。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
支配者の欲望に従順に従うことだけが、私に許された最後の希望でした。
激しい渦の流れに私の体は飲み込まれ、体ごと深く沈み込んで浮き上がる望みもなくりました。
私の体中に、欲望の電流が流し込まれて止まらなくなり、体中が許しを求めて震え始めました。
意志を失った人形の体を、女の宿命が支配し続けました。
義則さんの繰り返すが刻む律動は最後の瞬間が近いことを私の身体に告げると、すぐに奧までしっかりと届いてきました。
義則さんは私の身体を至福の楽園まで投げ上げると、快楽を楽しむ間も与えずに絶望の淵に突き落としました。 官能小説(仮)